雑記

自分を見失わないため、自分が何を考えている人間なのかを把握するために書く、自分本意なブログです

先週見た映画

昨年秋くらいから映画をよく見るようになった。

せっかくだから1周間のうちにどんな映画を見たかを備忘録的にまとめて、自分が何を考えていたかを残し、忘れてしまっても振り返られるようにしたい。

外に出たくないので基本的にはVODで見られる映画です。

 

先週見た映画:

マジック・マイク

 冒頭からストリップのオーナーが面白かった。とにかくはまっている。まあそうなるよな、というようなラストだけれども、本当に自分がしたいのは何だというようなことを考えているので響くものがあった。あと、若い男をスカウトしてその人がストリップにのめり込んでいくのを見て、またオーナーの姿、周りの姿を見て、それらが主人公と二重写しのようになっているのかなと思った。

 

・アメリカンサイコ

 無関心の話。都市生活では他社に干渉しないことが求められるのか、あるいは誰も他人に関心を持たずとにかくお金を稼いで、自分を着飾ることにしか関心が向かわないのか。不気味な結末だった。

 

・アルゴ

 映画っていいなというような話だと感じた。荒唐無稽な話だが実話なんだというのには驚く。兵士たちが映画のアイテムをみて嬉しそうにしているのが印象的。いいなと思った。

 

・ゾディアック

 フィンチャー監督の作品は好きで、ゾディアックは多分3回めの視聴か。久しぶりだったので話の筋もいい感じに忘れていて、どきどきしながら見れた。地味な話なのにここまで面白く、しかも人をどきどきさせて、話を広げられるというのは純粋にやはりすごいなと思った。なかなか犯人捜査がうまくいかずに、スクリーンのなかの人物たちは疲弊していくんだけれども、傍観者だった主人公が結局最後に答えを見つけるというのは良い。スクリーンを見てる人間に諦めないことのよさを伝えてくれているように感じた。でも、ちょっと調べてみたら、結局犯人だとされた人物ってDNAも一致せず、違うひとだったらしい。それもまだ映画のなかにいるみたいで一層いい。物騒な話だけれども。